マイクロストーンロゴ

手のひらサイズ、無線で簡単に振動計測が実現

マイクロストーン製「MVP-RF3-HC」は手のひらサイズ配線レスな3軸加速度センサです。設備の異常診断や予兆保全用途に活躍するアイテムで、測定したいときだけ設置して計測することができます。

センサ設置例

ワイヤレス&ポータブルで使いやすさを追求

配線レスの仕組み
  • バッテリー内臓… リチウムイオン電池内臓のため充電時間以外は電源線不要です
  • Bluetooth搭載… wifi等を介さず直接PCと通信できます

 

ポータブル
  • 手のひらサイズ… 本体サイズ55 × 55 × 30.6 (mm)
  • 専用マグネットオプション… センサ本体を直接機械に吸着固定できます

ワイヤレス&ポータブルなので、ロボットやリフターなどの配線が難しい箇所にも取りつけて計測することができます。

 

 すぐにデータ収集がはじめられます

同梱されている専用ソフトウェア(MVP-RF3-S)をPCにインストール後、すぐに測定をはじめられます。3軸(X,Y,Z)方向への加速度をリアルタイムで検知しログを貯めていくことで、取得したデータを解析へ役立てられます。

画面イメージ

取得したログはソフトウェア上でFFT解析をかけられ、周波数別に発生した加速度を特定できます。そのため、振動を日々ログ取りすることで、手軽に予兆保全をはじめていただけるアイテムとなっています。

 

 多様な使い方

振動センサは昨今、IoTや予兆保全というキーワードに絡んで需要が高まっています。でも実は振動(加速度)が見える化できると、保全用途以外にも役に立てることがたくさんあるんです。

 

たとえば…
  • 人の感覚「カン・コツ」の見える化-ベテラン技術の伝承
  • 生産品 品質の安定化-歩留まりの向上
  • 歩行解析による身体バランス-理学療法分野での活用
  • ゴルフスイングの見える化-スポーツフォーム解析

ゴルフスイングイメージ

 

関連記事

設備の振動状態を常に監視したい場合はこちらをおすすめいたします。

関連記事:常時状態監視で予兆保全 ifm efector製振動センサ

 

 

サイト内検索用ワード:運動計測 、予防保全